★きび酢の楽天で一番安い店はこちら★

きび酢醸造

きび酢は、手作業で年に1 回作られます。
その作業は、非常に丁寧に収穫され、まさに丹精込めて酢造りを行います。

仕込みは、収穫されたさとうきび汁にかけろま島の湧き水を加えること
から始まり、仕込んで2〜3日目から島内に浮遊する自然の発酵菌と融合します。

そのときは「ゴーゴー」と音を立てて、底から湧き上がるようなすごい勢いとともに発酵を始めることでも有名です。

その後、落ち着いてから最低2年間はじっくり熟成させることで「きび酢」が出来上がります。

まさに、南の島特有の太陽と大地の恵を受け、自然がもたらす神秘的な
ベールの中、長年培ってきた職人さんの「勘」と「知恵」で造り上げられています。
posted by runrunsnow at 12:04 | 情報

きび酢は、奄美大島産

奄美大島は、九州南方海上にある奄美諸島の主要島です。
単に大島ともいいます。
面積712.35km2、本州など4島を除くと佐渡島に次ぎ面積5位の島です。

主な産業は、農業・漁業で、米、サトウキビ、サツマイモの生産が主です。
伝統工芸の大島紬は和服用の生地として極めて評価が高いですね。

また、「島唄」と言う歌でも有名になりました。

奄美大島は、沖縄をしのぐ長寿の島です。
人口10万人当たりの100歳以上の長寿 者の数を見ますと、沖縄と比べてもなんと約1.5倍にもなります。
そして、奄美では 80〜90歳の高齢者が元気いっぱいで若々しく活動していることです。これもきび酢のおかげかもしれません。
posted by runrunsnow at 12:01 | 情報

きび酢の成分

きび酢に含まれる栄養素の特長としては、
 ・カルシウム、鉄分などの豊富なミネラル分
 ・なんと13種類ものポリフェノール
 ・しかも、ナトリウム(塩分)の含有量はほんのわずか
 ・カロリーが少なく、繊維質が豊富

まさに、食品としては理想的です。

そして、一般の酢と比べても「きび酢」にはカルシウムなどのミネラル分がはるかに豊富に含まれています。
逆に高血圧の原因と言われるナトリウムは微量です。

このバランスのとれた成分がさまざまな「生活習慣病」を予防し、体のリズムを整えてくれます。
posted by runrunsnow at 11:54 | 情報

きび酢って何?

実は、きび酢は黒糖作りの副産物でした。
きび酢の原料は、奄美大島(鹿児島県)産の「サトウキビ」です。
「サトウキビ」は俗称で、本当は「甘蔗(カンシャ)」と言いますが、漢字が難しいですね(笑)。
ここでは「サトウキビ」と書きますね。

「サトウキビ」を原料に、奄美大島などにしか生息しない酵母により発酵・熟成してできるのが「きび酢」です。

 きび酢はもともと各家庭で作られていたものですが、時代と共に黒砂糖
づくりが工場で行われるようになると、きび酢のもとである「黒糖の洗い
汁」が手に入らなくなりました。

 きび酢づくりが行き詰まっていたそのとき、その成分のすばらしさを
再認識し、「きび酢で島興しを!!」という声が島民から起こったのです。
posted by runrunsnow at 11:52 | 情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。